こんにちは、ゲストさん ログイン
会員限定の情報(要ログイン):
ウォッチリストに追加するとこんな特典があるそうです:
リニューアルオープン記念♪

アクセスカウンタ 36622
あ・ゆうる
ディープリラクシングコース
体験レポーター:タピアさん  (職業:セラピスト)


雑誌”hanako”で優良店として取り上げられるほどの人気のお店が登場です!
京都の中心街で、サロンとエステの融合。美=健康、両面からアプローチし、満足させてくれるサロンを見つけました。
(ここから体験談です)

最初に扉を開けた時、感じの良さそうな方だなぁと思い、応接室に通されてお話をしていると、やはりとても穏やかで京都の方の独特の雰囲気がありリラックスできました。後で四国出身と聞きビックリ!

マッセラマッサージ

”スエディッシュマッサージ”はアロマトリートメントの手技の原点といわれます。

表面のリンパを流すというよりは、マッセラマッサージは、筋肉の深部を手のひらで、しっかりとらえながら、呼吸にあわせた大きな動きが特長です。

筋肉のつき方をイメージできるぐらい、正確にパーツでほぐしていく様は、見ているだけでも気持ちよさそう!!インナーマッスルを鍛えるように、理想のラインに戻す効果もありそうです。運動不足の方、基礎代謝アップにもおすすめです。

写真(左)のクリームを使います。
1.(リフレッシュ)ローズマリー・セイヨウネズ・レモン・ゼラニウム・オレンジ
2.(リラクシング)ラベンダー・ビャクダン・ベルガモット・イランイラン・ゼラニウム の2種類より選択できます。

今回は、さわやか系のリフレッシュで決めました!

お着替えをして、フットバスに入ってるとクラシックが流れててすごく心地良く、私自身緊張する方なのですが、それが全くないのは、岡田さんのスムーズな対応と人柄によってくるものだと思いました。


施術室に通されてまず、テラスのグリーンに目がいきまたホッと和まされました。






はじめに肩から首周りを温めることで、ほっと緊張をときます。


マッセラマッサージというものは初めてでどんなものなのか興味津々でベッドにうつ伏せになってると、「おしりからです。」と。

おしりはロミロミ以来、クリームでは初めてでどうだろう?と思っているとすごく心地良く、良い感じの力加減ですぐに眠りに落ちそうでしたが、そこはグッと堪えました。
 
次は足、またまた私のちょうど良い加減で、とうとう夢の世界に入ってしまいました。

(写真上:)レポーターさんの代わりに、追筆。
足裏から肩口、肩甲骨周りは、こっているらしく特に念入りに流していました。お腹が、やや弱っていたようです。
私は職業柄、マッサージを受けるのも勉強の一つだと思っているので、そこもう少し強い方がいいなぁ〜とかそこは痛いなぁ〜とか考えながら受けているのが、いつものパターンなのですが、

今回は、「参りました」、としか言えません。

手からはいろいろなものが伝わってきますが、岡田さんの手からはこのお仕事がほんとに好きなのだなぁと、癒してあげたいという思いが伝わってきました。

後でデジカメの写真確認をして驚きました。こんな事してたんだぁ〜肩こり持ちなので、背中のゴリゴリ気持ち良いのを味わいたかったぁ〜と後悔の念でいっぱいでした。

睡魔に負けた自分が悔しいです。

でもその反面、安心して体を預けられたのと、すぐに眠りに落ちさせて下さった岡田さんを尊敬します。

写真左:最後のデコルテとヘッドです。
レポーターさん、このときは完全にお休み中。

最初に肩まわりを温めてくれたり、途中に下腹部にホットタオルを入れてくれるなど、ちょっとしたことですが、手間をかけながら、一番の心地よさを演出してくれる、愛情のある最高のサービスを提供してくれました。

ベテランの高度なテクニックも然り、また、もう一歩踏み込んだ一手間が、「また来たい」と思わせてくれる秘訣なのでしょう。


温か〜い雰囲気と親しみやすい人柄を尊敬します。私も岡田さんを見習って頑張ります。

ほんと有り難うございました!またお邪魔させて頂きます。



終了後は、すっかり「あ・ゆうる」さんのファンになっていたレポーターさん。
「また、来ます!」と宣言して帰られました。

オーナーさん丹精こめて育てている「幸福の木」と一緒に。
植木は、岡田さんの愛情を吸って、どんどん伸びて今では天井に付くぐらいに大きくなっていました。

ほんわり京都弁を話す、人当たりの優しい美人のオーナーさんは、癒しの達人でもありました。
人気が出るのも納得です!

次回は、ぜひ私も勉強させてください。(取材記者)

2004-2008 アロマテラピーの森 All rights reserved
2017/09/24