こんにちは、ゲストさん ログイン
会員限定の情報(要ログイン):
ウォッチリストに追加するとこんな特典があるそうです:
無料体験講座のご案内

アクセスカウンタ 96543
Gatto アロマテラピースクール
ナードアロマテラピー協会認定講座 スクール体験

自宅の一室を開放して開催しているアットホームなスクールです。

1999年から開講しており、初心者の方から、プロフェッショナルな方まで落ち着いた雰囲気で
ゆっくりとアロマテラピーのお勉強をしています。

日本アロマ環境協会、ナードアロマテラピー協会の認定講座や、その他の講座も
多数ご用意しております。
 Gattoアロマテラピースクールさんのご紹介


東京都江東区森下2-13-6 橋本宅3階

都営新宿線・大江戸線森下駅 徒歩2分
営団半蔵門清澄白河駅 徒歩10分
JR両国駅 徒歩15分
営業時間 9:00〜21:00
〔スクール〕tel 03-3631-1019

http://gatto-aroma.com/


少人数制の、きめこまかい対応

gattoアロマテラピースクールさんでは、少人数で講師と対面しながら、一人ひとりのペースにあわせて進めてくれます。

しかも、次の講座は毎回そのつど予約入れるので、小さいお子さんがいたり、お仕事でスケジュールが取りにくい方でも、独自のペースで安心して通えます。

今回私がうかがったのは、「ナードアロマテラピー協会認定」の「アロマアドバイザーコース」の1レッスンです。
充実した内容と、丁寧な指導

アドバイザーでありながら、まずその内容の濃さに驚きました。

香りの感覚から入り、成分分析についても、しっかりと説明してくれます。

ナードアロマテラピー協会認定講座で使用する精油はプラナロム。 精油は植物から採取される自然産物ですから、その年の気候や環境によって影響を受けやすく、できあがった年度で、その成分も当然違います。
プラナロム精油は、一本づつ成分分析をかけた成分表を添付するというこだわりの品質、医学の場でも使われるケモタイプ精油として有名です。

 講師の橋本先生は、「花百科」のコラム執筆や「週間文春」その他各種雑誌で取材を受ける、開講暦15年という知識と経験豊富なベテランの先生です。また、なによりもお話をしていて、アロマテラピーがとても好きで、使う材料や、教室を開く姿勢に、確固たるポリシーを持って行っているというのが伝わってきました。

少人数だからこそできる、丁寧さ・細やかさ、また豊富な知識と経験に触れられる授業内容を体感してください。

●スクール体験記

フローラルウォーター

エキナセア・ユーカリ・ミントなど
種類も豊富です

 スクールは2時間制で、学科+自習の2部形式でおこなわれます。

今回の精油は「ローズマリーシネオール」と「クラリセージ」。まずは香りを試して、においの甘さ・酸味などを自分の感じるままに+の印でチェックします。
「くんくん・・・シップ薬のような香り・・・、私の知っているローズマリーの印象とは違いますね。ユーカリに近いです。」
「そうですね。今回はケモタイプのシネオールですから、成分の半分以上は酸化物で占められています。」
そうか、このスーッとするものは1.8シネオールの香りなんですね。浅い知識をはじらいながらも、成分の特徴に聞き入ります。テキストには大きな円グラフで成分分析表の割合が示されていました。先生は、続けて科学成分について説明してくれます。

よくある形式は@精油名→Aどんなシーンを演出するのかという紐解きだと思いますが、この方式は丸暗記するしかなく、他の精油をブレンドするときに、どれを足したらいいのかが、よく見えません。
ですが、ナードの授業では@精油名(ローズマリーシネオール)→A科学成分(酸化物が多いなど)というつなげ方で説明してくれるので、例えばローズマリーシネオールに何かを加えるとすると、1.8シネオール以外の成分を持つ精油をブレンドすると、深みのある香りができるという考えになります。

これは次の実習でも発揮されます。
今日のお題は化粧水とジェル・トリートメントオイルの3品。こちらで提供するレシピは、グリセリン・アルコールを使いません。芳香蒸留水をベースにしています。(芳香蒸留水はお肌に近い弱酸性です)
防腐剤なしの、天然成分のみで作る基礎用品は、安心して使用できます。
(講義では詳しい、レシピ表を配布しています。アドバイザーコースを受けていただくと、もれなくテキストとともに付いてきます。今回は体験講座なので、私も自分のメモ書きしかありません)

 ここで、私は撮影があるため実習から離れましたが、先生のご好意で3点セットを作ってくださいました。
内容はジャーマンカモミール芳香蒸留水の化粧水、ローズ・フランキンセンスのジェルとブレンドオイルです。

余談ですが、私はおでこ、鼻まわりのTゾーンは脂っぽいのですが、頬は乾燥が気になります。橋本先生いわく、脂は取り過ぎるほど、さらに皮脂腺を活発にしてしまうので、脂取り紙は使わないほうがいいそうです。乾燥には水分を与えることが一番なんだそうです。そういえば乾燥を保湿しようと、クリームを使うと、てかりはしますが毛穴が目立って赤ら顔っぽくなります。

化粧水とジェルを手の甲に試しつけしてみました。
おぉっ!においが苦手なのでジャーマンは避けてましたが、思いの他香りがいいです。
ジェルはバラの香りで、脳まで刺激され、幸せな気持ちになりました。

その後お茶を飲みながら、他の方の香りも試させていただき、結局、30分ほど時間オーバーして終了しました。今までの講座で満足できない、もっと成分について詳しく知りたい!という方、体験コースもありますので、ぜひ一度足を運んでみてください。

2004-2008 アロマテラピーの森 All rights reserved
2017/10/19