こんにちは、ゲストさん ログイン
会員限定の情報(要ログイン):
ウォッチリストに追加するとこんな特典があるそうです:
クーポン更新しました!

アクセスカウンタ 80936

エステティックサロン junowa ジュノワ


プロフィール:

皆さん!はじめまして!ハマノです!私について語ります!

○趣味:デトックス!!、料理、ピラティス(ただいまDVDで楽しんでいます!運動はキライ!ですが只今かなりはまっています!)エステ研修(学ぶのは楽しいです!)お客様とお話しすることを楽しみにしています!

○エステサロンをはじめたきっかけ:もともとアトピー、便秘、下痢、肩こり、むくみ、疲労感など病名こそつかないのですが、20代なのに不健康な私でしたが、結婚をきっかけに学んでみると奥が深く美容と健康の深いつながりに気づき現代(気がつけば20年あまりが経とうとしています)に至っています!エステは敷居が高いと思われがちですがエステこそ身近な体の、お肌のメンテナンスの場であるとそして当サロンがそうありたいと思っています。

結婚後美容界へ
●中医学を学ぶ
●日本ビワ温圧療法師会認定療法士
●上海中医薬大学附属日本関西校にて中医手技(スイナ)療法士取得
●日本エステティッ協会認定エステティシ ャン
●タラソテラピーディプロマ取得
●日本アロマ環境協会認定アドバイザー
●バウエルセラピー(腸セラピー)取得
●ポールシェリーフェイス、ヘッド、ボデイトリートメント認定
●モンテセラピーフェイシャル、ボデイ認定
●ドクタールノーメンバーサロン

63 ❤梅雨のお肌のためのケア方法です!!❤
2016年05月31日
❤梅雨のお肌のためのケア方法です!!❤

今年も春なのに、まるで夏の日差しのような5月はもうすぐ終わり、6月夏に向かって1歩づつ近づいていま、夏対策は強化月間に入っています。お肌にダメージ、シミ、そばかす、シワなどを残さないように、まずは、この季節の肌の状態を知りましょう!!

❤湿度が高いのに、保湿ケアが必要なわけ❤
曇りや雨の日が多いこの時季は、紫外線がなくなっているわけではありません。
むしろ、梅雨の間の紫外線量は、真夏のそれとほぼ同等と言われ、日焼けを起こすUVB波が若干弱いだけ。蓄積してしわの原因になるUVA波は降り注いでいますので、毎日のUVケアは怠らないようにしましょう。
また顔だけでなく、年齢が出やすい首や手などもUVケアを忘れずに行いましょう
気温が高くなってくるこの時期は、汗や皮脂の分泌も増えてきます。そこに梅雨の湿気も加わりお顔がベタつくと、肌にかゆみなどが起きやすくなります。
整った状態の肌は、ほどよい汗と皮脂がひとつとなり、皮脂膜として肌を守ってくれるのですが、これからの季節はそのバランスが崩れがちです。 過剰な皮脂は、お肌の汚れが溜まりやすくなったり、お肌のバランスを崩したりします。
そうして肌トラブルの原因となるだけでなく、お肌表面のバリア機能までも低下させてしまいます。肌表面のバリア機能を高める鍵はズバリ、“角質層の保湿力”です。
梅雨時期は、湿度が高いから乾燥は大丈夫と考えている方が多いようです。べたべたジメジメの外出先から屋内に戻った瞬間『キュウ〜と』お肌がつっぱるような感覚を感じたことはありませんか?これこそまさに『夏乾燥』状態の急変化を肌が訴えているサインなのです。
潤い状態のチェックのために、表面の角質の水分量を図ると、冬は屋外に対して屋内で約20%水分量が低下したのに対して、夏は、約50%低下するという実験結果が。。。
つまりエアコンの効いた屋内と、日差したっぷりの屋内を出入りする女性の皆さん!!毎日が乾燥危機の連続です!!
更に冬より危険なのがやはり、紫外線。肌のバリア機能を低下させ、乾燥はさらに進行。乾燥が進んだ肌は、ますます紫外線のダメージを受けやすくなるという負のスパイラルに陥ってしまうのです。だから梅雨、夏こそ潤い!!保湿のためのケアを重要視すべきと言えます。
“梅雨だる〜”という言葉があるように、湿度の高い、体力を消耗する気温、そして日々のストレス、睡眠不足により慢性化した体の中の活性酸素が蓄積して、肌の老化が進むとシミ、シワ、たるみ、黄ばみに襲われるといわれています。
UV対策は梅雨時の室内でも特にお肌深部にダメージを与えるUVAは窓を透過します!
夏同様に、紫外線を受けるイベントがあれば、前日の保湿、当日の紫外線対策、ホワイトニングを72時間以内に行いましょう!!紫外線と戦うビタミンC、ビタミンE、疲労にビタミンB、水分、鉄分ミネラルの補給もおすすめです。
また、『毛穴の黒ずみ』と『美白』には、ビタミンB群が効果を発揮することが分かったそうです。
ビタミンB群不足の方は、脂質の代謝が悪いため皮脂が増えて、それが酸化され、過酸化脂質という炎症が起こりやすい肌状態になり、メラニンを増やしてしまうのですが、その状態をビタミンB6が皮脂を減らし、B3が皮脂の酸化を防止する働きをするのだそうです。さらに、ストレスによるシミには、ビタミンB2・B6が混合されたサプリがストレスとシミを共に抑えてくれるとのことです。ストレスシミは額にできやすいので、気になる方は取り入れてみてください。

❤サロンおススメ潤いホワイトニングキャンペーンメニュー H28年,6月末日まで❤
梅雨、夏のアンチエイジングフェイシャルオールハンドでトリートメントいたします。
“クリスタルホワイトコース”(お顔、お首、デコルテ付)
所要時間70分一般価格13000円→キャンペーン価格11000円(税別)
これからの、湿気が多くジメジメした梅雨、雨の無い日は太陽がギラギラ照りつける
暑い日にすすめのスッキリ、とまた季節のお手入れ透明感と輝きのある潤い美白コース
す!このコースはフィト(植物ハーブの有効成分)とアロマの香りで深く心とお肌を癒し
ハーブの美容有効成分で集中的に整える大変贅沢なコースです。

“ゾーン クリスタルホワイトコース”(お顔、お首)
所要時間45分一般価格10500円→キャンペーン価格¥8500(税別)
こちらの同じ内容でお顔お首のトリートメントコースです。





コメントを書く




62 ❤春のプチ不調改善の鍵は自律神経❤
2016年04月25日
このたび九州地方にて発生しました強い地震により、被害に遭われた地域の皆様に心よりお見舞い申し上げます、被災された皆様が平穏な日々を取り戻せますようお祈り申し上げます。

❤春のプチ不調改善の鍵は自律神経❤
春になり温かくなってきたのですが、首筋の緊張と肌トラブルをかかえてこられるお客様が多いのが今年の春の状況です。皆様を応援すべく、状況と対策方法を考えてみました。

4月5月は、新しい部署また、新入社員、入学など、新しく出会うことや新しい環境の始まり新生活を迎える季節。この季節は誰しも今話題の自律神経が乱れやすく、このためプチ肌荒れ、、プチ不調を抱えていらっしゃる方も多いと思います。

自律神経とは、自分の意思とは関係なく、刺激や情報に反応して、体の機能をコントロールしている神経のこと。そして自律神経は、交感神経(活動モード)と 副交感神経(休息モード)という正反対のはたらきをする2つの神経から成り立っています。
自律神経をコントロールしているのは脳のなかの 「視床下部」 という場所。この視床下部はほかにも 「ホルモンの分泌」 もコントロールしています。

まずは関連する気になる肌トラブルとは
1.血流悪化→くすみ・クマ・黒ずみ
自律神経が乱れると、毛細血管が収縮して血の巡りが悪くなります。その結果、お肌の透明感が失われたり、クマやくすみ、黒ずみの原因に。
2.肌の新陳代謝ダウン→シミ・シワ・ニキビ痕
と、シミやシワが増えやすくなります。ニキビができたあとに、ニキビ痕として残りやすくなることも。
3.便秘気味になる→ニキビ・吹き出物
腸は、リラックスモードの副交感神経にコントロールされているため、自律神経のバランスが崩れると動きがわるくなり便秘がちに。すると老廃物が体に溜まり、有害物質が腸から吸収されて全身をまわるため、ニキビや吹き出物ができやすくなります。

❤自律神経、ホルモンバランスを整えるのにアロマが効く!!その働きとは❤
アロマテラピー(芳香)により、揮発したオイルが呼吸により自律神経、視床下部、脳下垂体を刺激し心、身体、お肌のバランスを整えます。
具体的には
・最良のストレス解消剤となる・女性ホルモンの分泌を助ける・自律神経の機能を調節する・睡眠時間を良質にする・マッサージによる老廃物排除・アロマバスによる血行促進
・免疫力を高めて強い身体をつくる
❤自分の気持ちを温かく幸せに応援してくれるするアロマ香りの紹介❤
・前向きな気持ちを与えてくれる「オレンジスイート」の香り
・精神を安定させ幸福感を与えてくれる「サンダルウッド」の香り
・緊張やイライラから解き放ってくれる「ベルガモット」の香り
・心も身体も助けてくれる万能の精油「ラベンダー」の香り
・記憶力や集中力を高めてくれる「ローズマリー」の香り

優しいアロマの香りはお母さんの胎内に包まれているような心地よい安心感を与えます。この安心感こそエネルギーチャージのもとになるです❤

❤自律神経を整えたい方におススメの老廃物排泄コースのトリートメントとは?❤
1、リラックス:ポールシェリーリラクシングオイルで、肌、身体、末梢神経をはじめ、各神経組織やその周辺を鎮静、また、コリや痛みを緩和し、ほぐします。ゆっくりと血流がたかまり、全身をリラックス、流れを整えます。

2、デトックス:リンパドレナージュを目的としたオイルをリンパ腺に働きかけ、流れを促進させて老廃物を排泄させます。リンパの滞留によるむくみやセルライトを解消します。
この基本の2つのトリートメントにより、体内のつまりが解消されリラックス効果も高く細胞を生き生きと活性化します。

❤ジュノワでは❤
優しいアロマ空間の中で、自律神経を癒す音楽、ストーンセラピーの優しく温かい感触など全身で感じる五感の癒しをベースに厳選したこだわりオイルを使用し“手の優しさとこだわりのハンドマッサージ”メインにお客様のオーダーメニュートリートメントを行っています。
コメントを書く




61 ❤ 春へ!夏へ!アンチエイジング新メニュー❤
2016年03月21日
春へ!夏へ!アンチエイジング新メニュー
今までのジュノワのアンチエイジングメニューがさらに輝きます!!
〇脂肪の分解 〇美肌 〇深層筋肉、結合組織を引き締める 〇冷え性体質改善

❤ボデイ部分痩身新メニュー
ボデイラインの1番の悩み部分痩身、身体の冷え、蓄積コリ、セルライト(><)
二の腕、お尻、などなかなか落ちにくい部分痩身に、筋肉深部のコリに!
1度はお試いただきたい、おススメのオプションできました!!
ラジオ波の生み出す振動で内側からお肌を深部まで*素早く温めながら脂肪、セルライトにじっくり働きかけ、新陳代謝を活発にし更に、キャビテーションで脂肪細胞を小さくしリバウンドをしにくい状態へアプローチ。ダブル波EMSでインナーマッスルを刺激し、しなやかな筋肉のついた理想のボディラインへと導きます。
〇脂肪の分解 〇美肌 〇深層筋肉、結合組織を引き締める 〇冷え性体質改善

❤部分痩身お試キャンペーン価格会員様
いつものコースに+¥1000(税別)

❤フェイシャルアンチエイジング新メニュー
〇顔のリフティング効果&引き締めに!!
ラジオ波を使用し、生体熱エネルギーにより真皮層のコラーゲンを活性化させ、普段30%しか動かさない表情筋をトレーニングし、弾力を与えることで、小じわ・ほうれい線を改善する効果を生み出します。リフトアップ効果により、表情がより若々しくなります。

❤フェイシャルリフトアップコース40分7000(税別)
❤会員様限定キャンペーン:いつものコースに+¥1000(税別)

是非ご体験ください!!
コメントを書く




60 ❤“春仕様”に向けてのお肌つくり❤
2016年02月26日
❤“春仕様”に向けてのお肌つくり❤
春はもうそこまで近づいていますね!サロンでは“春仕様”お肌の仕上げにとりかかっておいます!皆様のお肌の状態はいかがでしょうか?
年間とおして“潤い美肌”を!まずは、季節のお肌の状態を知ることから始めましょう!!前回のブログより、冬のお肌は、夏の紫外線のダーメージを残し、1月2月の冬の寒さによる代謝低下の後遺症というのが一ヶ月遅れで表れ外気、室内と乾燥が進み、カサカサ肌の乾燥は角質層が肌内部からの水分の蒸散を防ぐバリアとして充分に機能しないため乾燥が進んでしまうのです。2月、3月は一年中で最も角質層のバリアが弱っている時期です。
また、角質層は外からの様々な刺激に対しても、弱っている状態であるため、2月、3月の花粉の飛散などによって『花粉症皮膚炎』などが起こりやすく、『肌荒れ』からさらに『敏感肌』に陥ってしまうこともあるカサカサ危険レベルマックスがこの時期のお肌の状態なのです
❤ご自宅ケアのポイントは、やはり保湿が1番!!❤
まずは、角質層バリアを直ちに回復すること、特に重要なのが『保湿』です。
化粧水をコットンに染み込ませたものを肌に密着させて下さい(効果はシートパックと同様です)クリームもヒアルロン酸配合で保湿の高い商品がおススメです。また、クリームはおやすみ前に重ねて塗布していただくこともおススメです。体も乾燥中の方は、体内の水分補給も足りない可能性が高いです。
❤UV対策❤
2月は最も紫外線量の少ない真冬が終わり、一年中で紫外線が最も急増する時期です。
一年中で最もメラニン色素が少なく、見た目には2月は、肌は最も明るい色になる時期なり紫外線が気にならない時期なのです。ところが、冬のUVケアが夏から秋に向かって増えるメラニンの生成の軽減に繋がるため、結果的に美肌ケアにも繋がるのです。
夏ほど強くないとはいえ、乾燥やシミの原因になる紫外線UVA波は1年中降り注いでいます。
❤サロンでは❤
お体、特に、二の腕、下肢が大変冷えている方が多く、そのためリンパの流れが滞り、お肌のくすみ、むくみ、コリ、たるみが。。ボデイラインはたるみ、冷えセルライトが。。何よりやる気がでな〜い。。癒して正すトリートメント!!遠赤外線とホットストーンでじ〜っくり温め全身の代謝促進デトックスをしながらフェイシャルエステを行っています。
ベーシックフェイシャル(60分デコルテマッサージ付)¥11550(税別)

キャンペーン価格¥10000(税別)
*初回限定です。完全予約制人数限定サロンですので、早目のご予約をお願いいたします。
コメントを書く




59 ❤2016年 冬の潤い美肌対策❤
2016年01月26日
❤2016年 冬の潤い美肌対策❤
あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
本年は“活性酸素と戦う”“錆を落とす、抗酸化”がテーマです。

❤まずは、夏にうけた紫外線ダメージをなくすことから❤
うるおい肌への第一歩は日常のスキンケアから。夏の間に受けた紫外線などのダメージにより、肌にくすみやゴワつきが残っているような場合、夏に肌荒れを起こした方、とくに念入りなお手入れが必要です。
夏からサッパリ化粧水や乳液を使っている人は、保湿効果の高いものにチェンジ。保湿に効果的な成分はさまざまなものがありますが、中でも、肌表面のうちもっとも水分量が多く、失われやすいのが、角質細胞間脂質であるセラミド。乾燥肌の人は不足しがちになるため、スキンケアでしっかりと補いましょう。

また、夏のような強い陽ざしではないからといって、UVケアに油断は禁物です。夏ほど強くないとはいえ、乾燥やシミの原因になる紫外線UVA波は1年中降り注いでいます。
紫外線はシミ、たるみのスピードをアップさせる光老化の原因。夏の日焼けの色が残っているところは、ほかの箇所よりも紫外線の吸収も高いので要注意です。うっかりしていると本格的なシミをつくってしまいます。必要以上に数値の高い日焼け止めを毎日使うと、肌に負担となる場合もありますので、冬の日常づかいには、雪山などの特別な環境でないかぎり、SPF20前後、PA+以上が目安となります。外出時には日焼け止めやUVカット効果のある下地を使うなど、きちんと対策をしておきましょう。

冬の代表的な肌トラブルである「乾燥」は、肌のターンオーバーを乱しますし、 メラニンの排出が滞る原因にもなって、シミを定着させたり、シワたるみの原因になりえます。
季節をとわず、肌のターンオーバーを促進させて、肌の新陳代謝 をスムースに行うには保湿が重要です。

❤まとめ❤
夏にうけた肌のダメージをそのままにしておくと肌に活性酸素が増殖しシミの原因に、さらに、乾燥シーズンであるこの季節冬に肌を乾燥させてしまったら、シワたるみの原因にまた、春先の不安定肌の原因にもなってしまいます。エイジングの加速に光老化が1番関与しているとも言われています。セルフケアの鍵は対策は保湿とUV対策です。

❤アンチエイジングおススメの食品❤
❤みかんは美容効果のある果物。。。ビタミンCが豊富に含まれていますが、特にみかんはビタミンCが多く含まれています。免疫力をアップさせたり、肌にハリを持たせたり、ストレスを和らげたりと、様々な効果に期待できます。
❤10歳若返るかも。。。豆の素晴らしいパワーヒアルロン酸が美容に良いというのは有名ですが、実は納豆にはヒアルロン酸の10倍の保水力のある「ポリグルタミン酸」という成分が含まれています。また、ヒアルロン酸やコラーゲンよりもアンチエイジングに効果的というデータもある、「ポリアミン」が納豆には豊富に含まれています。ぜひ毎日でも摂取して欲しい食材です。
❤ナッツ類。。。ピーナッツやアーモンドにはビタミンEの含有量が多く、ビタミンB、ミネラルなども沢山含まれているので、肌荒れを改善する美容効果もあります。
❤サーモン。。。抗酸化作用があり、シミやしわ、たるみ予防、肥満解消作用、肌の引き締め効果でほうれい線対策ができたりと、様々なアンチエイジング効果があります。

❤おススメはいつものメニューにプラスはお肌レスキュー潤い美容液オプションです❤
サロンでは、お肌の悩みを3つのタイプにわけた美容液をプラスオプションとしてキャンペーン中です!!ぜひお試しください!!
@潤い補給タイプ(セラミド・ヒアルロン酸など)
A成長促進物質タイプ(EGF・プラセンタなど)
Bハリ補充タイプ(コラーゲン・エラスチンタイプ)
コメントを書く




58 “活性酸素と戦い錆びないお肌作り”テーマです!
2015年12月16日
本年も残ること早2週間あまり。。。皆様には大変お世話になり本当に、ありがとうございました❤少し早いのですが、今回は来年の抱負を述べさせていただきます。
来年は、さらに、お肌のツヤ、ハリ、透明感、むくみ、シミなど“活性酸素と戦い錆びないお肌作り”がテーマのジュノワです。今年のまとめの、基本潤い10ヶ条をもとに、サロントリートメントならではの、より効果を導くために、ワンランクの上のオプション美容液、パックのメニューをご紹介させていただきます。 来年もどうぞよろしくお願いいたします。    
❤ジュノワ会員さまへ❤来年は美容液のキャンペーンを始めていきます!!ご期待ください!!
❤炭酸パック❤  
炭酸パックは、炭酸ガスが肌に働きかけ、新陳代謝を良くします。そして、皮膚細胞が活発に働くと、皮膚が本来持っている保湿機能がアップします。ハリ、保湿、むくみにおススメです。
ジュノワでは、24種類の美容成分とWコラーゲンとプラセンタエキスを同時配合したパックを使用しています。

❤レチノール美容液(1本使用)&レチノールパック❤ 
レチノールとは
レチノールはビタミンAの別名で、体をサビさせる活性酸素を除去し・新陳代謝を高め・キメを整える効果があります。シミ・シワ・毛穴の目立ち・吹き出物の改善に効果的です。ビタミンCには、体のサビを防ぐ抗酸化作用がとても高く、美白効果もあり、コラーゲン生成を助ける働きもあります。美容成分としてとても優秀です。
このコースは、浸透性の高いプレレチノール(ビタミンA誘導体)・ビタミンC誘導体を配合美容液1本を贅沢に使用するコースです。美容液成分のマイクロカプセル化コラーゲンが真皮細胞にダイレクトに届き、コラーゲンの生成を促しハリのある肌を引き出します。SOD様活性作用のあとビタミンC誘導体がメラニン産生と脂質酸化を抑制します。
保湿能力が高く皮膚のバリア機能を改善させるセラミド・液晶パックが、ダメージを受けた角質細胞層にスピーディーに潤いを届け、角質層を整えます。グリセリンの温熱作用でリラックス効果も得られます。しわ、たるみに効果的なレチノールがお肌深部まで浸透します。また、肌活力が低下しくすみのある肌におススメのアンチエイジングコースです。

❤石膏(せっこう)パック❤
柔らかい石膏を肌に塗って成分を肌の奥深くまで補給させる方法です。
顔だけでなくバストやヒップのトリートメントにも使う場合があり、潤いを与えて引き締め、リフトアップ効果が期待できます。
小顔フェイシャルの後、専用の美容液、パックを塗布し、引き締めながら立体的にフェイスラインを作り上げるリフトアップNo1のメニューです。
ぜひお試しください。来年もどうぞよろしくお願いいたします❤     ジュノワ

コメントを書く




57 ❤フィト(植物療法)&アロマ(芳香療法)の深い癒し❤
2015年11月25日



11月後半になり突然寒くなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
今年もあと一月ばかり本当に1年が早いですね!!
私がポールシェリーと出会ってから早くも13年を過ぎてしまいました。
まだ、ジュノワの軸と言っても過言ではないポールシェリーについて詳しくお話できていませんね。ということで、今回は、ポールシェリーについてお話いたします。 

ポールシェリーとの出会いは、女性特有の更年期にまた、不定愁訴に悩むお客様のために手技だけではなく、何か良い方法は無いものかと模索していた時、アロマテラピー(芳香療法)に出会い、さらに突き進めると根、茎、葉、種などすべてのフィトケミカル有効成分を利用するフィトセラピー(植物療法)に出会いました。考え方は、中医学漢方と近いものがあり、中医学の入口にいた私にはとても関心の高いケア方法でした。そして、副作用なく免疫を上げ自然回復力を高め、さらに内側から“キレイ”になるとっておきの自然療法ポールシェリーに出会いました!!
サロントリートメントに取り入れて、すぐに変わったのは自分自身の体温です。平熱35度だったのが36、5度以上を今も保ち続けています。また、ポールシェリーメソッドコースを継続されているお客様は、見た目年齢もお若く、更年期を始め、不定愁訴に対してのケア効果がとても高いことには毎回驚かされています。

❤おススメは、体質改善ケアの基本のリラクシングコースです。❤ 
フェイシャルもボデイトリートメントも同じく2つのオイルを使用しケアします。
1、リラクゼーションを目的としたオイルは肌と体の末梢神経を始め各組織やその周辺を鎮静コリ、痛みを緩和しほぐします。ゆっくりと血流が高まり全身をリラックスへと導きます。2、リンパ腺に働きかけ、リンパの流れを促進させて老廃物を排泄させます。リンパ活性化します。
フィト&アロマの心地よい香りやハンドマッサージにより『脳』が癒されリラックス。肌に必要な栄養分を豊富に凝縮したアイテムで、肌をいたわり、健康で抵抗力のある肌へ導きます。肌トラブルは胃腸のケア。内臓は自律神経によりコントロールされています。香りと植物オイルハンドトリートメントで、自律神経と、内臓と連動しています背骨周りのコリを癒し深い癒しと不調の緩和を緩やかに導きます。繰り返しケアされることで効果が高まります。

❤これからも、ポールシェリーとジュノワは仲良く歩んでいきます❤



コメントを書く




56 ❤秋のお肌のお手入れ方法❤
2015年10月15日
❤秋のお肌のお手入れ方法❤

こんにちは皆様いかがお過ごしでしょうか?暑かった夏は過ぎ、一気に季節は秋になり朝夕の気温差で風邪気味の方が増えてきているようです。。今回は、秋のお肌とお体のケアについておはなしいたします。

秋の肌は、夏に浴び続けた強い紫外線の影響により抵抗力が落ち、角質層の保湿、バリア機能が低下している状態で、肌は乾燥し敏感になりがちです。肌が敏感になると『脳』も刺激に対して敏感になり、ストレスを受けやすく疲弊した状態になってしまうのだそうです。肌の抵抗力を取戻し、安定した状態にするために、まず必要なのが『脳の休息』なのだそうです。
ご自宅ケア方法『脳』を癒し!!五感を癒しです!
1、耳から癒す。。。クラシック、特にモーツアルトがおススメです!ながら聴きでα波が得られるのだそうです!
2、やはりアロマテラピー
*ラベンダーの香り鎮静作用あり。ストレスによるあらゆる不調改善・自律神経のバランスを整える。
*ベルガモットの香りこの香りは、元気がなくてストレスがたまりっぱなしな時元気を与えてくれます
アロマ入浴おススメです!
 
ご自宅でのお肌のケアは、角質層のケアと基本の保湿をしっかり行いましょう!また、お肌の循環を良くするためにホットタオルであたたためて、冷タオルで整えるのも良いかと思います。

❤朗報です❤
五感を癒す香りは、心を優しくしてくれるんだなぁ❤と最近気に入っている香りを、やっと見つけました、β−エンドルフィン(幸せホルモン)とフェロモン(アンドロスタノール誘導体) ヘアエンドルフィンという商品で、“その香りはまるでゆりかごの中にいるようなリラクゼーション気分”というメーカーのキャッチのようにお風呂でシャンプーしているうちに香りで癒されています❤
ただ今、ヘッドマッサージで使用中ですので香りで癒されてください!❤
コメントを書く




55 ❤残暑のケアは“お風呂スパ”でスッキリと!免疫アップ!❤
2015年09月15日
❤残暑のケアは“お風呂スパ”でスッキリと!免疫アップ!❤

今年の夏は本当にものすごい熱く湿度の高く大変な気候でしたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?
九月になり、急に気温が下がる朝夕とまだまだ蒸し暑い日中の気温差体もお肌も少々お疲れ気味ではないでしょうか?体の不調に耳を傾けてみてくださいね!

今回は残暑ケアに“お風呂スパ”をおススメします。
夏はエアコンや汗などにより、身体の深部が冷えやすく、身体の老廃物を流し免疫を高めるリンパの流れも滞りやすく、むくみ、お腹の冷え、関節のコリなどの不調をよく聞きます。リンパの流れにおススメは、まずは、身体の冷えを取り除き、代謝を上げることおススメはやはり入浴です!!

おススメのアロマオイル
身体の疲れがたまっているとき
ローズウッド、サイプレス、など森の木々のような香りが良いようです。
心が乱れ落ち着かないとき
カモミール、ネロリ、ゼラニウム、ラベンダーなど心を癒すお花の香りが良いようです。
この季節、弱りやすい胃腸の不調にはオレンジ系のオイルもおススメです!

家庭画報8月号参照
❤40℃入浴法の効果効能❤
1、血流アップ、 2、深部体温アップ、 3、免疫力向上、 4、自律神経の調整
5、成人病、ガン予防 6、コラーゲン生成 7、リラックス作用

❤コラーゲンを再生する“週1回の入浴法”❤
1、深部体温を上げるため、首までつかる。
2、39.5度からスタート。10分後に少しだけ温度を上げて(42℃を超えない)、さらに10分間つかる。
3、入浴後は体を冷やさないように30分は保温。適量の水分はしっかりとる。

是非お試しください!!
コメントを書く




54 小顔と美肌を一度に❤整顔セラピーとは
2015年07月01日

きゅっと!小顔に!整顔セラピーとは?

当然小顔に、リフトアップするフェイシャルなのですが、このフェイシャルは、見た目力(透明感のある小顔にリフティング)、持続力(お肌がプルプル)そして、癒し力(お顔のコリがほぐれます)仕上がりはすべてに実力派!!自信を持って一押しセラピーです!(皮脂つまり、くすみ、赤み、乾燥など肌質を変えたい方にもおすすめです!)

また、額のシワは頭皮のたるみからそこで、解消するために頭皮筋膜を優しくほぐしながら経絡、リンパの流れを整えるリフトヘッド、頬あご周りのたるみに肌のくすみにはデコルテ、バックの美容筋の循環促進が不可欠!デコルテ、バックフェイスすべてリフトアップします!!
エステ内容:バックマッサージで背中、肩周りの美容筋をほぐし肩甲骨のゆがみを整えます→頭皮のコリを癒しながらのリフティングヘッドマッサージ→ 4段階フェイシャル(リラクゼーション、ほぐし、リンパドレナージュ、フェイスメイキング)→酵素パック&トリプルコラーゲンパック(ほかに美白、タラソ、冷却など肌質に併せて使用します。)→整肌
オールハンドマッサージの贅沢な仕上がりになっております!!
ただ今、ご体験クーポン配信中です!
コメントを書く




53 だる〜い夏前の季節ケア方法!
2015年06月24日
梅雨時期になりました。梅雨の季節があるのは日本ならではですね。
この時期は、お肌はたるみやすく、なんだか体がだるくなりますね。少しでも快適に過ごしていただくためのケア方法をお伝えいたします!!

まずは、東洋医学では、この時期は雨が多くなり、空気中に水分が多く含まれるので、身体にも水分が停滞しやすく、それが冷えの原因になったり消化不良・むくみ・生理痛・じんましん、などにつながると言われています。
梅雨時期は五行の中で言うと前回からひきつ続き土台を表す「土」に当たります。

土は水を含むとゆるんだり、崩れたりしますが人間も同じです。
人間にとって「土」は、肉体にあたるので、肥満・ダイエット・肌荒れ・顔の艶や張り・たるみ、むくみなどのトラブルを作り上げます。
そして、土は土台そのものを表すため全ての体質に関わり、肌トラブル・排泄・気の巡りにも影響があります。

土に関連する臓器「脾」『胃』も滞りやすくなります。
この時期に体調を崩すと、消化器系にトラブルが出やすくなると言う事ですね。
「土」には適度な水分や栄養がないと生物が育ちません。
人間も消化器系を大事にして水分・栄養をうまく回していく事が大事です!

☆気をつけたい事☆
●冷たいもの・生もの・甘いものの食べ過ぎはNG
●夕食に脂っこいもの・味の濃いものを食べ過ぎない
●夜食しない
●夕食から夜間に水分を摂り過ぎない
●クーラーはなるべく使わないようにする
●入浴は長時間し過ぎないほうが良い

❤セルフケア❤
おススメは、頭頂部のマッサージです。“現代人の不調の源は、頭にあり”!!
近年スマホやパソコンによる目の疲れが深刻化しています。目の周りの筋肉がこると、頭皮まで固くなり、疲労が筋肉でつながる肩や、背中へ拡大していきます。全身とつながるツボが頭皮にあります。ぜひお風呂で、オフィスで頭皮をマッサージなさって見て下さい!!
コメントを書く




52 ❤『夏老け』対策❤
2015年05月27日
❤『夏老け』しないお肌のための対策です!!❤

今年はまだ、5月なのに気温30度超える日も続き、突き刺さるような日差しも感じますね。これから始まる紫外線ピーク時期6、7、8、9月夏の真っ盛りを考えるとゾッとします。。。
“潤いお肌を守る”ためにはやめのお肌とお体強化対策が重要になります!!
まずは、夏の肌の状態を知りましょう!!

❤湿度が高い夏なのに、保湿ケアが必要なわけ❤
汗や皮脂でべたつきやすい今の時期は、湿度が高いから乾燥は大丈夫と考えている方が多いようです。べたべたジメジメの外出先から屋内に戻った瞬間『キュウ〜と』お肌がつっぱるような感覚を感じたことはありませんか?これこそまさに『夏乾燥』状態の急変化を肌が訴えているサインなのです。

潤い状態のチェックのために、表面の角質の水分量を図ると、冬は屋外に対して屋内で約20%水分量が低下したのに対して、夏は、約50%低下するという実験結果が。。。
つまりエアコンの効いた屋内と、日差したっぷりの屋内を出入りする女性の皆さん!!毎日が乾燥危機の連続です!!
更に冬より危険なのが紫外線。肌のバリア機能を低下させ、乾燥はさらに進行。乾燥が進んだ肌は、ますます紫外線のダメージを受けやすくなるという負のスパイラルに陥ってしまうのです。だから夏こそ潤い!!保湿のためのケアを重要視すべきと言えます。
“夏老け”という言葉があるように、紫外線、体力を消耗する気温、そして日々のストレス、睡眠不足により慢性化した体の中の活性酸素が蓄積して、夏の間に肌の老化が進むとシミ、シワ、たるみ、黄ばみに襲われるといわれています。

そこで、前回ご紹介していますブログをぜひご参考いただき、UV対策はご自宅でも特にUVAは窓を透過します!日焼け止めはプロテクトするように塗布してください!
紫外線を受けるイベントがあれば、前日の保湿、当日の紫外線対策、ホワイトニングを72時間以内に行いましょう!!ローションマスクもおススメです!化粧水はぜひ冷蔵庫で冷やしていただきご使用ください。毛穴がシャキッと閉まります!!!

❤潤いは最強のお肌の味方です!!❤
1、睡眠は最強お美容液!!お肌とお体の70%は睡眠で整うといわれるほど、とにかく睡眠は大切睡眠時間を確保なさってください!!
2、一日の疲れを癒すために、シャワーですませるのではなくなるべく入浴なさってくだ
さい!
3、アロマオイルをうまく使用していただくのもおススメです!!!
4、紫外線に戦うビタミンC、ビタミンE、疲労にビタミンB、水分、鉄分ミネラルの補給も!!手軽には“ルイボスティー”がおススメです!!

❤サロンおススメ潤いホワイトニングキャンペーンメニュー❤

夏のお肌は疲れています! マッサージテクニックはリラクゼーションリンパドレナージュでお肌の内側の回復を促し、潤いホワイトニング“雪白パック”でメラニン色素の増殖を抑え、仕上げは保湿“セラミド”を優しく補い“潤い”クリームで仕上げます。
スパサロンベーシックフェイシャル:45分6500円(税別)
キャンペーン価格→6000(税別)

エステサロン
より優雅にリラクゼーションお顔マッサージ、パックはワントーン白くさらにリフトアップする
モデリングホワイトニングマスクを使用。さらにお疲れを癒す人気のデコルテ、バックまたは
ハンドマッサージとご褒美メニューにアンチエイジング対策におススメです。
リラクゼーションフェイシャル:60分11000円(税別)
(お顔、デコルテ、ハンドorバックマッサージ付)
キャンペーン価格→10000(税別)

❤感想❤
前回とリンクして夏のお肌の状態とお手入れ方法をご紹介させていただきました。
カチカチに固くなっているお肌は主に紫外線が。。。ゴワゴワお肌の方は汗や皮脂が関係
しているようです。お肌は正しいケアで美肌に変わります!!あきらめないで!!(古
いですね〜)夏に負けない最強なお肌と体のためにコツコツ頑張りましょう!!私自身に
言い聞かせるのでした(笑)

コメントを書く




51 ❤干物お肌に要注意!!潤い美肌は無敵です!!❤
2015年04月23日

❤干物お肌に要注意!!潤い美肌は無敵です!!❤

春先といえば、気温が安定し、過ごしやすい季節になります。しかしスキンケアは侮るなかれ、肌トラブル
の要因、肌老化の要因乾燥と紫外線が同時に攻めてくる季節なのです!!
紫外線は肌の渇きを招き、乾燥した肌は、潤った肌より紫外線ダメージを受けやすいといわれています。
例えれば、生魚を焼くより、干物(干し魚)の方が短時間で焼けてしまうのと同じくです。

この時期気を抜いて過ごしてしまうと、
『いつの間にか日焼け』になってしまうのです。いつの間にか日焼けの原因は、肌深くまで届くといわれる
『光老化』UVA派です。
❤『いつの間にか日焼けしてしまう』べスト3❤
1、日傘を携帯、さらにマスク、サングラスをしているから、日焼け止めはしない。
2、オフイスでは窓のそばに座っている
3、家では、日焼け止めを塗らない
これでは残念ながら、紫外線対策になりません。 

UVA波は夏の海などで、日焼けにより肌が日焼けを起こすまた炎症を起こすなどすぐに気が付く表面
的な波長UVB波とは異なり、
全く気が付くことなく感じないままに、静かに、じっくり、かなり肌の奥深く侵入することにより肌の奥の“ハリ”を支えるコラーゲンなど肌の美しさを保つための大事な組織にダメージを与えてしまうつまり
艶のない、たるみの原因、シミ、そばかすなどの見た目老化の主な原因となります。
にUVA波は一年中降り注ぎ、4月からもっとも紫外線は強くなり、この時期に乾燥(干物)肌の方は
残念ながら、秋口に一気にたるみ、シミに襲われる危険性がございます。

ケアのポイントは“お肌の潤い”(鮮度の良いみずみずしいお肌!)、“UVA、B波紫外線対策”です
日中はもちろんですが夕方6時30分くらいまではUVケアが必要な時間です。
❤まずは対策日焼け止め選び方ポイント!❤
1、日焼け止めは、SPF数値が高いほどUVB波の対策にはなりますが、その分熱がこもりやすく肌は
荒れやすくなります。お肌の状態と日焼け時間など考慮してお選びください。ちなみに生活紫外線程度であればSPF25くらいでよいかと思います。

2、SPFとは主に日焼けと言われるUVB波を遮るもの。一番お肌を老化させるUVA波からお肌を守るためにPA+と書かれている表示のものをご使用ください。
生活紫外線であれば、PAは2〜3プラスはほしいものです。

3、お肌の弱い方は紫外線散乱剤がおススメです。

❤日焼けイベント対策潤いポイント!!❤
1、日に焼けるイベント対策は、お肌を予め潤わすことがおススメです。
というわけで、日焼け後のクールダウンはもちろんのこと、前日(保湿)、当日(保湿、鎮静)、
翌日(鎮静、ホワイトニングまたは保湿)とトリプルケアがおススメです。(ジュノワでは、
ハイドロタントジェルがおススメです。)
2紫外線を浴びたお肌のおすすめお手入れは、72時間以内のホワイトノングケアです。
たとえば、ホワイトニング美容液、ホワイトニングパックがおススメです。仕上げのクリームは
潤いキープの保湿クリームがおススメです。

❤日常生活❤
紫外線を浴びると紫外線の活性酸素除去のためにVC,VEが体の中から失われます。
食事、サプリメントで補うとよいでしょう!
オレンジジュース、レモンなど朝に摂取すると、日焼けの原因になりますので、ぜひ夜のお召し上がりください
❤サロンおススメ潤いホワイトニングキャンペーンメニュー❤
焼けたお肌は疲れています! マッサージテクニックはリラクゼーションリンパドレナージュでお肌の内側の回復を促し、潤いホワイトニング“雪白パック”でメラニン色素の増殖を抑え、仕上げは保湿“セラミド”を優しく補い“潤い”クリームで仕上げます。
スパサロンベーシックフェイシャル:45分6500円(税別)
キャンペーン価格→6000(税別)

エステサロン
より優雅にリラクゼーションお顔マッサージ、パックはワントーン白くさらにリフトアップする
モデリングホワイトニングマスクを使用。さらにお疲れを癒す人気のデコルテ、バックまたは
ハンドマッサージとご褒美メニューにアンチエイジング対策におススメです。
リラクゼーションフェイシャル:60分11000円(税別)
(お顔、デコルテ、ハンドorバックマッサージ付)
キャンペーン価格→10000(税別)
❤感想❤
先日、寝室の左側の隙間から朝日が侵入することが判明し急いで隙間をふさぎました。
まさに『いつの間にか日焼け』ですよね。今年はしっかりケアし、ツヤツヤお肌になれるよう頑張ります!
とひそかに誓いました!!
コメントを書く




50 ❤潤い洗顔ふき取り 化粧水編❤
2015年02月18日
今回は前回の続編でふき取り化粧水についてお話させていただきます。

❤ふき取り化粧水について❤
潤い洗顔編で、ご紹介いたしましたが、
“ふき取り兼潤いローションドクタールノー”または、“ふき取り、導入、保湿”と一本で三役こなすM3,4化粧水の2タイプのおすすめしています。
1、ドクタールノー(鎮静、保湿、オイリーの肌質別3種類)
ローションは、肌専用の水と考えています。水仕事で手がかさつくように、水で顔をザブザブ洗うと、肌に必要な保湿成分が奪われ、肌もカサつきます。肌のうるおいをまもるために洗顔の代わりにローションでふき取ります。

洗顔後、500円大のローションをたっぷりとふくませてコットンの両面を使い優しくふき取ります。
注意:ゴシゴシするとシワ、シミの原因になることがあります。あくまで優しく!!
●ふき取りの手順は、お顔の中央から外に向かって。。額→目元→頬→口元→小鼻→鼻筋
ふき取りが終わりましたら、素早くクリームをお首、お顔で、パール1〜1,5個分量を目安に手の平で温めながら潤いを封じ込めるよう塗布してください。

2、M3,4
“ふき取り、導入、保湿”と一本で三役こなすM3,4化粧水です。
ふき取りの際の、使用方法、クリームの手順はドクタールノーと同じ要領で行ってください。
この化粧水は、角質に水分を与え、次に使用する美容液、クリームを電気機器を使用することなく導入する優れものの化粧水です。
スプレータイプですので、直接お肌に吹き付けてまた、手の平で温めて軽くおさえるようにじっくり入れ込む要領でもご使用いただけます。
不安定肌の方にもおすすめの化粧水です。

❤潤い番外編❤
最近冬の乾燥で気になるのが、“唇”♪ツヤツヤ唇に憧れます!!
❤乾燥唇にご注意❤
うるおい不足の唇にはカサカサともうひとつ問題があります。それは縦ジワ。ぷるんとしたうるおいのある唇にはこの縦ジワは皆無。肌と同じで、ハリや弾力が少なくなり乾いてくると縦ジワが現れます。個人差もありますが、うるおいをキープすることでかなり改善できます。

❤唇のお手入れ方法❤
リップクリームやリップバームをつけるときは、唇そのものだけじゃなく全体の輪郭まですっぽり覆うようにつけるのがコツです。意外にも唇の溝は深いもの。塗ったあとは中指か薬指でなじませるようにくるくるマッサージ。
ラップをしてそのままお風呂へ! ラップをはずしたら、もう一度ぐるぐるとマッサージ。お風呂に入らないときケアは、リップアイテム→ラップ→蒸しタオルの流れになります。唇は肌よりも血管が近いので、血行が良くなって血色が高まる実感が!!唇のターンオーバーはなんと3日らしいので、回復が早く楽しいです!!まさにコツコツとなさってみてください!!

❤感想❤
ここ1、2か月、毎日蒸し生姜+ルイボス+黒糖を自宅で、サロンで愛飲しています。
冷え、むくみ、便秘、ストレス感かなり緩和されています!!皆様もぜひお召し上がりください!!寒さと戦うのもあと1ヵ月、ぽかぽか陽気をイメージしながら、寒さを乗り切りましょう♪
コメントを書く




49 今年は、❤潤いクレンジング実践編❤から!
2015年01月22日
2015年潤い美肌!!アンチエイジング頑張ります!!
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
第一弾は日々の業務を通して、一番ケアしていらっしゃる“クレンジング”について具体的にお話させていただきます!

❤潤いクレンジング実践編❤
寒い季節のお肌のお手入れの基本は“外から補い中から巡らせ”お肌の内側にある保湿成分は、年齢やライフスタイルの乱れなどの影響でどんどん減少していきます。
特に空気が冷たく、乾燥しやすいこの時期“冬”は要注意!
今回は、潤い美肌実践1基本のクレンジング(洗顔)についてお話いたします。基礎化粧品の中で、1番大切なのがクレンジング、洗顔です。洗顔で気を付けたいのはお肌のバリアゾーン(桃の皮のようにお肌の内側が乾燥させない鮮度を保つための天然の保護膜)といわれる“皮脂膜”を傷 つけることなく洗顔をするかです。

では、カギとなる“皮脂膜”とは
角質層が14層整って初めて皮脂膜が形成されます!!
皮膚の構造を、建物に例えると壁のような形状で、レンガである角質を、セメント(接着)の役目をする細胞間脂質により、14層で形成され、その1番上の表面に垢&皮脂&常在菌(良性菌)により形成されるのが天然の保護クリームといわれる“皮脂膜”です。
“皮脂膜”その働きは、
*老化No1と言われる、大敵の光老化(紫外線)から肌細胞の内側を守る
*外からの刺激(ほこり、乾燥環境、花粉、静電気など)から守る。
*桃でいう皮の役目ですので、内側からの乾燥、シワ、くすみ、むくみ、たるみ、肌荒れなどの様々なトラブル、エイジングから守る。
つまり、お肌のきめが整い、ツヤのある潤った輝きお肌の“鍵”を握っているのが、皮脂膜なのです!!美しい皮脂膜を形成して初めて、美容液、クリームが生きるのです。

❤潤い洗顔実践入る前に❤
そこで、まずは洗顔の感触(力?)加減が大切になりますので、イメージしてみてください!!
パンパンに膨らんだ風船のように薄いのが、皮脂膜です。いかに傷つけずに洗顔をするか!!ポイントになります。皮脂膜は摩擦に大変弱いので洗顔は極力時短がおススメです。
また、
絶対にNGは、シャワーの水流で洗い流さないで!!毛穴の広がり、膨れ、皮膚が固くなりたるみ、テカテカ肌の原因に!!! 肌理も潤いも消え去ります。(泣)

ジュノワでは、洗い流さず、刺激のない1度洗顔でクレンジングも兼ねるクリームタイプのクレンジングミルクを、専用のスポンジチーフでのふき取り潤い洗顔をおススメしています。

❤潤いクレンジングの手順実践編です!❤
クレンジングはアンチエイジングには、ウオーターベースのミルクタイプ、または、ウオーターベースのゲルタイプのクレンジング兼洗顔料がおススメです。(いずれも1度洗顔でクレンジングも兼ねます。)クレンジングはいきなり両手の平全体でお顔に広げ伸ばして、いきなりクレンジングをすのはNG!まずはポイントメイク落としから。

1、ポイントメイクは、濡らしたコットンにクレンジングまたは専用DRポイントメイク落としデマキャンジューをなじませて目元、口紅をそれぞれ落とします。(いきなり全体にクレンジングを伸ばすと、色素沈着、肌荒れの原因になります。目元はとてもデリケート優しく滑らすように!こすると小じわのもとになります!!)

2、ドクタールノーまたはATP洗顔料を手の内側におおよそ500円玉大のせて、顎、頬、額のパーツにのせてくるくると内側から円を描きながら、メイクになじませます。時間をかけず!!!摩擦は小じわの原因になります。目のまわり、口のまわり、頬は非常にデリケートで特に優しく短時間で行います。

3、濡らした専用のスポンジチーフでの優しくふき取ります。洗い流す場合は、湯温は32度と生温い温度で、色(メイク)が落ちれば即終了です。摩擦、流しすぎに注意!!
*スポンジチーフの使い方は、サロンで随時チェックさせていただきます!!

弱酸性洗顔料ナキイご使用の場合の潤い洗顔方法
ナキイは、10代20代のニキビ肌におススメの洗顔料です。W洗顔で1度目は、クレンジング、2度目は、洗顔を行います。洗い流すタイプですので、エイジングスキン、乾燥肌にはあまりおススメできません。
1、泡たてタイプとなりますので、スポンジでメレンゲ状にしっかり泡を立てて、泡を転がすように手がお肌に触れないように洗います。ポイントは、やはり時間をかけない!!
ナキイ洗顔は、W洗顔になりますので、特に皮脂の気になる部分、毛穴の気になる部分は、2、2回目の洗顔で、今度は泡で毛穴を押すようにプッシュ洗顔がおススメです。いずれも時間をかけすぎないように!!
3、すすぎの湯温は32度ぬるいもので、10回〜15回程度回数、時間をかけない!!ハートを描くように流す、最後に一度、水でしめていただくとよいです!洗いあがりの感触は言葉が悪いのですが、めるっとした感触でOKです。さっぱりまで流すと洗いすぎとなり、NGです。乾燥と新たな肌トラブルを呼び込みます。

敏感肌、乾燥が気になるお肌の朝のお手入れは。。。
とにかく、『洗い流すべからず』ですので、
朝は洗顔は無しで、ドクタールノー肌質別ローション、または、M3,4(皮脂を取り除き、保湿効果もございます)を、コットンに500円玉大塗布しふき取りのみ行ってください。あとは美容液またクリームの通常ステップでご使用ください。

❤感想❤
日々のフェイシャルトリートメント業務を通して、1番大切で難しいご自宅ケアが“クレンジング、洗顔”であるとつくづく感じます。どんなに保湿を心がけてくださったとしても、残念ながら、日々のクレンジングがうまくいっていなければ、乾燥、肌荒れ、しわ、たるみなどのトラブルは、なかなか思うようには改善いたしません。
クレンジング、使用方法などなどの疑問については、ぜひサロンご来店時にお尋ねください!
最後になりますが、
シャワーの水流で洗い流さないで!!毛穴の広がり、膨れ、皮膚表面はテカリ、内側が乾燥したるみ、深いシワの原因に!!!絶対にNGです!! 
美肌は1日にしてならず、コツコツ作り上げましょう!!


コメントを書く




48 ❤2015年もさらにうるおい『保湿』心得10ヶ条❤
2014年12月24日
もちもちツヤのある潤いお肌のために!!“うるおい”に近道は無し!!!
アンチエイジングは乾燥対策から!乾燥から敏感になると、肌本来のバリア機能が弱まり、小さな刺激でバランスをくずし、くすみ、かさつきなどの肌トラブルに!!お肌はコツコツと育てていきましょう!!
❤日々のうるおいケア心得5ヶ条❤
1、クレンジング、洗顔に時間をかけない! 摩擦しない! 流す湯度はぬるく!!特に乾燥の気になるときは、朝は化粧水(M3.4またはルノー)コットンでふき取りのみおこなってください。(クレンジング、洗顔はメイク落とし、ディープクレンジング、角質はサロンにおまかせください!!)
2、化粧水は間髪入れず洗顔後すぐに!!化粧水はたっぷり与えるのが基本です。一度なじませたら2,3度塗り重ねておかわりを!!水分不足を解消しましょう。ローションパックもおススメです。
3、ただ水分を与えても逃げていくだけ。必ず保湿クリームで潤いを肌に留めることがマストです。
4、お顔をパーツに分けて考えて。お肌は頬、口のまわりなど乾燥しやすいUゾーン、額、鼻などのオイリーTゾーンでクリームを重ねてのケアや、今一度、洗顔の心構えを!!
5、エイジングで後悔の無いように!!頭のてっぺんから、バスト(デコルテ)までがお顔と思い、コツコツと潤いケアを!シワ&たるみは“乾燥”から、潤いケアが対策法です!

❤うるおい日常生活編心得5ヶ条❤
1、お肌の乾燥に水分補給はマストです!冬の水分補給は、お白湯をゆっくりいただくのがベストです。
2、温めることが保湿に近道!!体が冷えるとリンパの流れも滞りがちに。。。デスクワークの方は、ストールを下半身にぐるぐる巻いて、通勤時にはハラマキで温活!!
3、シャワーではなく入浴を!おススメの入浴法はHSP入浴法です!(気になる方はサロンでお尋ねください!)
4、リンパの流れを整えるために、体温を上げる温活のためには筋肉量も鍵を握ります!ストレッチ!!早歩きなどもコツコツと!!
5、デトックスのために白湯を!!白湯の効果は、胃腸を温める、代謝が上がる、デトックス効果
心身のバランス、潤いを保つ効果があります。

❤正しい白湯の飲み方❤
1、1日に飲む量は700〜800ml飲みすぎると必要な栄養素も流してします可能性があります。
2、1番のおすすめは朝起きてすぐ150mlの白湯をゆっくり飲みましょう。
3、食事をしながら、お茶やお水の代わりに飲んでもOK。
4、ダイエット効果を狙うなら、食後30分たってから飲みましょう
以上医学博士蓮村誠先生の白湯毒だし健康法より

byジュノワ エステ
コメントを書く




47 ☆女性ホルモンについて2☆
2014年11月20日
☆女性ホルモンについて2☆

前回より続いて女性ホルモンを良い状態に保つための日常生活アドバイス!!
前回は、@リラックス、アロマオイル A食生活(栄養バランス)について調べました、
今回は運動、睡眠、お肌のホームケアについて調べました!!

B運動の効能:予防、治療のためにはウォーキング、ストレッチなどがおススメまた、忙しい方はバス停一つ歩いてみる、階段を上がるなどもよいかと思います。
*不定愁訴の軽減、骨粗鬆症の予防にも効果的!!

C睡眠の効能:TVやインターネットは寝る前に見ないようにする覚醒作用があり、眠りの質が悪くなります。質の良い睡眠は心身共に免疫力アップ!!

Dホームケア:ホルモンバランスの乱れにより、肌は、さらに乾燥しやすく肌荒れを起こしやすくなります。肌が突然過敏になることもあり、化粧品がしみるなどの症状もでやすい。
特に閉経後は、肌の衰えを感じアンチエイジング高機能商品を選びがちだが、敏感な状態
ではトラブルもおきがち。肌に負担をかけない保湿を心がける!!全てのお肌の老化は、乾燥から始まります!!!

こんな症状のときは。。。
1、ほてり、のぼせ。。。*十分に水分を補給する、温かい物を少しづつとるとよい。
           *エアコンは、さらなる乾燥のもとととなるので、加湿器との併用を。
           *香辛料や、カフェインを含むものをあまり食べない。

2、動悸、息切れ。。。 *ゆっくり呼吸をして、気持ちを落ち着かせる。
           *朝、夕の腹式呼吸もおススメ!

3、頭痛、めまい、耳鳴り。。*頭痛はストレス、肩こり、眼精疲労が原因の場合も。メガネがあってない場合もあるので確認して調整を!

更年期で困ったときにお役立ていただけましたら、嬉しいです。
❤感想❤
今回も調べながら、まさに規則正しい日常生活をいかにおくるかですよね。
12月は忘年会と何かと生活が乱れやすい時期、体調管理にはくれぐれもお気を付けくだ
さい。先日TVで冬おススメのお野菜を特集していたのですが、冬のブロッコリーは旬を
迎え、カルシウム、鉄分、VCも夏の数倍含まれ、さらに、ビオチンという成分が豊富で
、お肌の再生、乾燥に大変良いらしいです!ぜひ取り入れたいものです!!


コメントを書く




46 女性ホルモンについて“更年期編”
2014年10月23日

女性ホルモンについて“更年期編”
秋が深くなり、体のバランスが崩れやすいこの時期、いかがお過ごしでしょうか?
先日日本エステティック協会の会報誌に“女性ホルモン”、“更年期”の特集記事があり、他人事ではない思いで、今回は、“更年期”について考えてみたいと思います。

更年期イコールマイナスなイメージに走りがちですが、私たち女性みんなが通る道。できればダメージを受けず、また、最少のダメージで過ごしたい!!そこで、今更年期真っ盛りの方、また、これから迎える方一緒に更年期について学んでいきましょう!!

Q更年期とは?また、症状とは?
A、更年期とは、閉経を中心に前後5年ずつをさし、45歳〜55歳の10年間をさします。
症状は、血管運動神経症状で汗が出て顔が熱くなるホットフラッシュ、泌尿器系、生殖器系、が委縮することから起きる女性器のかゆみ、子宮脱、膀胱炎、疲労感、不眠、不安、うつなど血液中のエストロゲンが下がることで起こります。

Q更年期に迎えるためのどのような意識改革が必要か?
A、生活習慣の改善が必要になります。日光をよく浴び、適正な栄養摂取で骨粗鬆症も防げ、しっかり、心身共に休養をとっていけば精神疾患症状も改善される。まずは、栄養、食事、休養これが誰でも取り組める改善方法また、医学的にはエストロゲン補充、漢方療法がありますが、頼り過ぎてはいけないということ!!まずは自分自身のライフスタイルの改善が最重要とのことです。


Qホルモン治療、漢方療法、サプリメントについての違いは?
ホルモン補充治:血栓症や、乳がんなどの副作用を心配している方が多いのですが、正しい使用については副作用も防ぎ、有効なものである

漢方療法:氣.血.水の滞っているものを正すことで整えるという考えで処方されます。

アロマ療法:やはり、滞りを流し五感をとおして、または、セラピストのマッサージでよろリラックス効果を高めます。

サプリメント:薬ではないエストゲン補充。大豆イソフラボン、カルシウム、ビタミンD3で骨量の減少を防ぐなど。

❤日常生活でのアドバイス❤
1、リラックス編
*入浴が大切。体の冷えが和らぐだけでなく、寝つきがよくなります。
*また、就寝1,2時間前の入浴がベストです。
*入浴時は好きな香りで五感を癒すことで、ホルモン分泌だけではなく、自律神経のバランスを整え、卵巣から女性ホルモンの分泌を促す下垂体にも影響を与えるといわれる。
『おすすめの香り』
ゼラニウム:フローラルとハーブをあわせたような香り。ホルモンのバランスを整えるといわれ情緒を安定させる

クラリセージ:ハーブの香り。抑うつや落ち込み、絶望感などによい。含まれる成分(スクラレオール)が女性ホルモン的な役割をする。
2、食生活の改善(栄養バランス)
*喫煙は女性ホルモンの低下を招くこともあるので注意する。
*疲れをとるために、甘いものを食べるなど糖分をとりすぎると、心の不調を招く低血糖
症になりやすく、うつや情緒不安定の要因にもなりえる。脳血管の動脈硬化にもつながる。
『おすすめの食品』
*エストロゲンと同様の働きをする:イソフラボン大豆製品、豆腐、納豆、えだまめ
*ホルモンバランスの乱れに効果が期待できる:亜鉛を含むナッツ、牡蠣、レバー、海藻
*活性酸素の働きを抑える:ほうれん草、ブロッコリー、アーモンド、ウナギ
*骨を強くする:カルシウム、ビタミンD(カルシウムはVDと一緒にとることで、初め
て吸収率を高めることができる。)
カルシウム:乳製品、大豆製品、骨ごと食べられる小魚、海藻類、緑黄色野菜。
ビタミンD:魚類(イワシ、カツオ青魚、鮭やウナギ)、キノコ類、卵類

❤感想❤
またまた字だらけになり、すみません。学べば学ほど、ますます気になる更年期。知らないうちに私も更年期真っ盛り年齢になっていました。どうも最近マイナス思考。。。納得の一言です。人生の折り返し地点で早くもマイナス思考ではいられません!!うまく付き合っていける方法をいろいろと探していきましょう!!次回も“更年期”意識改革のための日常生活アドバイス編を続けていきます!! 

参考資料:日本エステティック協会会報誌

コメントを書く




45 秋は癒してデトックス!!ホットストーンで癒します。
2014年09月18日

秋は癒してデトックス!!ホットストーンで癒します。
皆様秋バテは大丈夫でしょうか?
今年のジュノワのテーマは“まったりとセレブに癒し”ということで、フェイシャル、ボデイトリートメントに“ホットストーンセラピー”を導入いたしました❤
❤ホットストーンセラピーとは❤
ホットストーンセラピーとは約50〜60℃に温めた天然の石を使用して行うリラクゼーション効果の高いオイルトリートメントです。
欧米のホテルやスパでは深いリラグゼーションが味わえる大人気のメニューのひとつです。
ホットストーンセラピーに使われる石は、黒くてつるつるとした滑らかな表面を持つ、玄武岩(げんぶがん)という火山岩の一種が使用されます。
-
❤玄武岩(げんぶがん)てどんな石?❤
玄武岩は、ホットストーンセラピー発祥の地アメリカのアリゾナで、火山活動により地表に噴出したマグマが急速に冷えて固まってできた火山岩です。火山地域や火山島などに広く分布する岩石で、鉄分やマグネシウム分などの鉱物を多く含んでいます。
玄武岩は、非常に密度が高いので温めると熱が冷めにくく、遠赤外線を発生するのが特徴で、ホットストーンセラピーにとても適した石といえます。
地球のほとんどの海底(約7割)はホットストーンセラピーで使用されている、玄武岩の溶岩でできているのだそうです。
ホットストーンセラピーは元々、大自然の母なる地球のエネルギーを取りいれたトリートメントとして、古くから多くの国でおこなわれてきた民間療法なのだそうです。

❤初めてストーンセラピーを体験して❤
先日初めてストーンセラピーを体験して、人の手よりもずっと温かく、滑らかな石がアロマオイルと見事に調和し、なめらかに、からだを滑っていく感じがまったりと心地よく、きっと緊張していたのでしょう。力が抜ける感じがたまりませんでした。石の重さもちょうどよくてやさしくからだのコリをほぐしていってくれる感じで久しぶりに癒されましたぁ〜。ストーンセラピーファンが多いという理由がわかった気がしました。

❤ホットストーンの効果は❤
ホットストーンの温度は筋肉表面層の深さ1.5インチにまで達し、熱により白血球が増し新陳代謝が良くなり老廃物を排出させます。
ハンドトリートメントのみの3倍から5倍の新陳代謝促進がホットストーンを使うことによって体感出来ます。深いリラックスを体感でき、副交感神経が刺激され便秘解消の効果もあり、また鎮静作用、疲れ、だるさ、むくみ、肩こり、腰痛、冷え性などお悩みの方に体質改善におすすめです。
コメントを書く




44 お肌の夏バテはご存じでしょうか??
2014年08月22日


お肌の夏バテはご存じでしょうか??


お肌の夏バテはご存じでしょうか??

今年は毎日蒸し暑い日が続きますが皆様夏バテは大丈夫でしょうか??
お体と同じでお肌も夏バテするのをご存じでしょうか??

お肌の夏バテ状況度は下記質問にチェックしてみましょう。
1、最近、毛穴が目立っている
2、小鼻だけでなく頬の毛穴も気になる。
3、毛穴が涙(しずく型)である。
4、お肌がてかり、乾燥ともに気になる。
5、お肌がざらついて固くなっている

いかがでしょうか?あてはまる項目があればお肌が夏バテを起こしている可能性があります。

対策方法
まずは、日常ケア&洗顔方法を見直してみましょう。
1、クレンジングはお化粧になじめばOKです。必要以上にこすらないこと。
2、すすぎは、シャワーで直接流さないこと、湯温は32度くらいで。
3、抑えるようにふきとり、決してこすらない。
4、急いで化粧水、乾かさずに重ねてクリームのステップでし上げください。
*クリームは角質層の修復力のあるセラミドのクリームがおススメです。
セラミドとは、角質をレンガに例えるとセメント(つなぎ)の役割。表面がつるつるになるために重要な役割を持ちます。
美肌は表皮皮脂膜の、“潤い”“なめらかさ”“はり”“ツヤ”“血色”のバランスが整った肌です。
5、食事はVCおススメはキウイフルーツに小さじ1杯の蜂蜜をかけ15分おいてフルーツ酵素としていただいてください。夏に弱った胃腸、お腹のハリにおススメです。
6、睡眠も確保なさってください。

ジュノワ夏バテ対策メニューは
ディープクレンジングフェイシャル 80分  一般価格¥12100(税別)
このコースは肌表面だけでなく、毛穴を支える立毛筋のバイブレーションをかけて内側からの毛穴、皮膚のディープクレンジングとリフトアップを可能にしたスペシャルメニューです。
コメントを書く




次の20件



2004-2008 アロマテラピーの森 All rights reserved
2018/08/18